スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

材料の解説

前回チューブライトを使ってのお手軽クリスマス装飾を
ご紹介しました。

今日は材料についての補足をしたいと思います。
先週一緒に書くつもりだったんですけどね、
記事があまりにも長くてね(^^;)


チューブライト

チューブライトはカット出来るのですが、好きな所でカットできる訳では
ありません。

LEDタイプのチューブは1m単位、普通タイプのチューブは
45センチ単位と、切る場所が決まっています。
メーカーに寄って多少違うかもしれませんので確かめてからカットして下さい。
切っていい場所にハサミのマークが付いています。
カット売りがお手軽ですね。
切り口は絶縁が必要です。エンドキャップを必ずつけて下さい。
また、屋外で使用する場合はその上からさらにビニテできっちりまいておく事を
オススメします。

長さは多少余裕を見て決めましょう。
初めての方は計測値よりひとスパン多めがオススメ!
長くても黒ビニテで隠せますから問題ありません。

また、チューブライトは結構使い回しができます。
モチーフに飽きたらほどいて新しい形に造り直せますし、
一度カットした所をジョイントする事もできますので
長く楽しめます。

前回も書きましたが、形を作るときは通電させると柔らかくなり作業が楽です。
ただし、この技を使えるのは普通電球のチューブライトだけです。
LED(発光ダイオード)タイプは発熱しないので通電させても柔らかくなりません。
消費電力は約1/10とお得なのですが…(でも製品自体が高い!!)
消費電力をとるか、作業効率をとるか‥‥悩む所です(^^;)

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
この会社の人たちは
もの造りが好きなのか?
とにかく凝るのが好きなのか?
それともただお人好しなだけなのか?
甚だギモンでは ある。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ご訪問有り難う御座居ます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。