スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

材料の解説

前回チューブライトを使ってのお手軽クリスマス装飾を
ご紹介しました。

今日は材料についての補足をしたいと思います。
先週一緒に書くつもりだったんですけどね、
記事があまりにも長くてね(^^;)


チューブライト

チューブライトはカット出来るのですが、好きな所でカットできる訳では
ありません。

LEDタイプのチューブは1m単位、普通タイプのチューブは
45センチ単位と、切る場所が決まっています。
メーカーに寄って多少違うかもしれませんので確かめてからカットして下さい。
切っていい場所にハサミのマークが付いています。
カット売りがお手軽ですね。
切り口は絶縁が必要です。エンドキャップを必ずつけて下さい。
また、屋外で使用する場合はその上からさらにビニテできっちりまいておく事を
オススメします。

長さは多少余裕を見て決めましょう。
初めての方は計測値よりひとスパン多めがオススメ!
長くても黒ビニテで隠せますから問題ありません。

また、チューブライトは結構使い回しができます。
モチーフに飽きたらほどいて新しい形に造り直せますし、
一度カットした所をジョイントする事もできますので
長く楽しめます。

前回も書きましたが、形を作るときは通電させると柔らかくなり作業が楽です。
ただし、この技を使えるのは普通電球のチューブライトだけです。
LED(発光ダイオード)タイプは発熱しないので通電させても柔らかくなりません。
消費電力は約1/10とお得なのですが…(でも製品自体が高い!!)
消費電力をとるか、作業効率をとるか‥‥悩む所です(^^;)


成形補助部材


前回の工作ではアングルを使いました。
ホームセンターとかでよく売ってる、CチャンネルとかLアングルとかの類いです。
デザインが直線のみの時に効率がいいです。
がんばって探せば樹脂製の透明のが見つかるかもしれません!
これが一番オススメです。

ステンレス製などのCチャンネル(断面がコの字のアングル)は光の漏れる面積が
狭くなるので、見た目むき出しのチューブライトより細く見えるかもしれません。
また、カットはお店の人に頼むか、専用の道具を使いましょう。

部材


成形補助部材として最も優秀なのは
スチール製のネットです。
簡易収納棚などにも使われている、あの、白とか黒とかの堅いネットです。
いろいろ自由な形を作る時に重宝します。

その他ラチスや透明の筒など、ホームセンターで使い勝手の良い部材を
開拓してみましょう!

インシュロック


結束バンドとも呼ばれます。
電材売り場や園芸コーナーなどに置いてあります。
針金と違って帯に幅があるので断線しにくく、一瞬に結束できるので
これ以上便利なものはないでしょう。
サイズがいろいろありますが、チューブライトをネット等に固定する用途の場合、
ほとんどが10センチの長さのもので足ります。
長さの長いサイズは帯の幅も太くなるので目立ってしまいますし、
10センチで長さが足りないときは数本を継いで使う事も出来ます。
bd200.jpg


ビニテ

いわゆるビニールテープです。
エンドキャップの補助には透明のビニテ、
チューブライトのあまりの部分には黒のビニテ、
取付け場所の背景が薄い色の場合はさらに黒ビニテの上から白ビニテと
この3色があれば事足ります。

他のテープとちがって使い勝手のいいところは、
テープがよく伸びるという事です。
キャップやジョイントででこぼこしてても、引っ張りながら巻き付ける事で
浮きなく奇麗に巻く事が出来ます。

え?ビニテお嫌いですか?
あの年経劣化のベタツキですね(^m^)
確かにアレは嫌ですよね。
そんなあなたには熱収縮チューブがオススメです。
ライターとかであぶるとキュッと縮まって密着するアレです。
御使用の際は取り扱いには充分注意して下さいね。
ちょっとビニテよりメンドクサイのが珠に傷ですが、仕上がりはとても奇麗です♪


以上、簡単ではありますが
チューブライトのススメをお送り致しました。(そうだっけ?)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かめいち

Author:かめいち
この会社の人たちは
もの造りが好きなのか?
とにかく凝るのが好きなのか?
それともただお人好しなだけなのか?
甚だギモンでは ある。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ご訪問有り難う御座居ます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。