スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナルモチーフ♪

今日も引き続きクリスマスの準備です。
お待たせ(?)しました!
チューブライトで創ろう!こだわり編です!


ニッポンジンのクリスマスは
1ヶ月掛けて準備し、
1ヶ月掛けて楽しみ、
なぜかクリスマス当日は既に大掃除へ突入!
その全てがお正月へのカウントダウンみたいな‥‥

まあいいや、

今日はせっかく詳しくなったチューブライトで
オリジナル一点ものを創りましょう〜♪

まず必要なもの。それはもちろん

デザインですっ


でもここで……
あああ、ダメダメ!そんなに凝った絵描いちゃ!
チューブライトの直径は1センチ前後あります。結構太いです。
細部は追いきれません。
出来るだけ簡単な線にしましょう。

という訳で、ここではサンプルとして
星を創ります。↓
ほし

え?全然オリジナルっぽくない?
ムッ

じゃあ帰る変える。

コレね↓
ずあん

ちなみにこの程度の絵柄の場合、チューブライトで楽に創るには
出来上がり寸が高さ90センチくらいが最適です。

では、デザインも決まりましたし、行ってみましょう!!
今日の道のりは結構長いですよ〜


●用意するもの

 ・ルーズリーフや大学ノート等
 ・チューブライト2色
 ・スチールネット900x600
 ・ビニールテープ
 ・インシュロック
 ・鉛筆
 ・セロテープ
 ・ニッパー


 まず下書きを創ります。

  いきなり出来上がり寸法の紙にデザインを書くに越した事無いのですが、
  なかなかそうも行きません。
  そんな場合は、書いたものをもう一度拡大して書き直します。

  簡単な方法をご紹介しましょう。
  
  1、まず、レポート用紙とか、大学ノートとか…いわゆるA4とかB5とか言うサイズの
    紙にデザインを書きます。
    ちなみに上のデザインは大外の黒い四角がちょうどそのサイズです。

    このAとかBとか付いてる紙のサイズは、半分に折っても、何枚並べても
    縦と横の比率が変わりませんので使いやすいですね。

  2、次にデザインを書いた紙と同じものを机の上に8枚並べて
    テープでとめます。

    紙並べ

  3、次に、最初に書いたデザイン画の紙を半分に折り、さらに半分、もう一回半分。
    そして開くと…先ほど8枚並べた用紙の張り合わせのスジと
    同じスタイルの折線が現れましたね!
    そのスジを目安に図柄を拡大して書きましょう♪
かくだい

    これで下書き完了です。




 チューブライトの長さ測定


  色毎にチューブライトの長さを測定し、切り取って絶縁、
  もしくはカット売り発注です。
  長さを測定するためにはどのような順序でチューブライトを這わすか…を
  検討します。

  いわゆる一筆書きの要領で考えましょう。
  いろんなルートがあると思いますが、ポイントとして
  ● なるべく重ならないように。
  ● 不必要な部分(光っては困る部分)はなるべく少なく。
  ● なるべく鋭角に曲げないで済むように。

  これらを考慮しながらルートを決めます。今回は


   ひとふで



  こんな感じで行きましょう。





  ルートが決まれば長さの測定をして下さい。
  え?方法?それは〜
  アナログに糸とか紐とか這わせましょう(^^;)
  いえ、測定器をお持ちならそれを使うに越した事無いです♪
 
  測定に基づいた長さでチューブライトをご用意下さい。
  (解説はコチラ



 いよいよチューブライトを這わせます!


  お待たせしました。これで準備は万端です。
  早速創って行きましょう。

  先ほど書いた大きな下書きの紙の上にネットを乗せます。
  そして、決めたルート通りにチューブライトを這わせ、その都度
  インシュロックで留めて行きます。
  STARTがエンドキャップの方、GOALがコンセントの方ですよ。



  どうですか?うまく仕上がりましたでしょうか。

  では今日もワンポイントアドバイスで終了したいと思います。
  お疲れさまでした〜。

  え?図案がクリスマスじゃない?
  だから〜、ニッポンジンは正月の方が比重が高いんだってば


 取付ける位置を考慮して、コンセント側の方向を決めましょう。
 コンセント側はチューブライト各色とも近い場所に出すと便利です。
 絵柄によっては、同色でも2つ以上に分けた方が
  うまく行く場合もあります。原則はありません。自由な発想でどうぞ!!
 チューブライトを曲げる部分は形を意識してきっちり作りましょう。
  出来上がりに差が出ます♪
 スチールネットは見ればなんとなく裏表がある事に気付かれると
  思います。
  「裏」とおぼしき方を上にして(表として)作業しましょう。
  ネット全体が下書きの紙から浮いて、作業しやすいですよ。
 ネットやビニテの色は、よほど取付け場所が薄い色の壁でない限りは
  黒が無難です。
 最後の図の※印の部分、普通に行けばせっかく這わしたチューブの上を
  ビニテで巻いたチューブが通過してしまいますね。
  という訳で……一工夫必要ですよ〜〜〜ウフフフ♪



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

基本はぁ?

ええとぉ…
直線、三角形、四角形、五角形、六角形、立体、円、半円、楕円、サインカーブ、モンローカーブ、花丸、自由曲線、波、バッテン、クエッションマーク、音符、楽譜、ト音記号…

うん、そういうツールみたいなもんの作り方、リストみたいなん必要でないかと思ったんすがぁ…

そそそ、それから どこまで公開しちゃうんで ええんやろかぁ?

bamamanさん

ええとぉ‥(笑)
基本形というよりも、図案がなんであれ、「一筆書き」に
するんだよ〜っていうのが基本なのです。
だと分かりづらいかしら…(^^;)

最初にサンプルにしようと思った「星」とか、
ご呈示の多角形、はたまたト音記号などは、考えずとも
一筆書きが出来るので,あえて今回は
パッと見「一筆書きってどうするの?」って思っちゃう様な
図案にしてみました。

立体も一筆書きの要領は変わらないのですが、これは基礎の
枠組みが大変ですから,事実上、有りものでオリジナルを
創るのは気合いと資金がかかっちゃいそうですね(^^;)

やはりなんと言っても一筆書きならば!

心臓から動脈(赤)が出て、静脈(青)から心臓に戻る…うんあれが 闇夜に浮かんだら 美しかろう!

そや、葉っぱの葉脈(緑)も 美しかろぞ!

そうかぁ、一筆描きかぁ♪
漢字なんか 外人向けにどうやろかぁ。そうそう、毛筆書きの外側をたどると 一筆になるんやないかいなぁ?!
うんでぇ【大和魂】とか【柔道一筋】とか【気合い】とかぁ…

龍なんか どやろかぁ?!中華街向けかなんかでぇ。

なんかぁ、楽しいねぇ♪えへへ…

bamamanさん

おお〜スバラシイ!
どれも創ってみたいですね〜
私の好みとしてはやっぱり心臓バージョンですね(爆)

それにしても一体どれくらいの大きさになっちゃうんでしょう(^^;)
「龍」の毛筆の外側なぞるなんて!
6畳分くらいの大きさになっちゃいそう!
でも看板ならそれで十分ですよね!(^m^)
プロフィール

かめいち

Author:かめいち
この会社の人たちは
もの造りが好きなのか?
とにかく凝るのが好きなのか?
それともただお人好しなだけなのか?
甚だギモンでは ある。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ご訪問有り難う御座居ます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。